女の人

WEB会議の導入で広がる会議スタイル|場所や時間を問わないIT

弁護士事務所の人事管理

スーツの人達

複数のスタッフがいる法律事務所には、スタッフの勤怠管理を行うシステムを導入しましょう。そうすれば、人事管理を効率的に行うことが可能となります。求める機能と予算の兼ね合いで最適なシステムを選んでください。

詳しく見る

最先端の会議システムとは

ミーティング

遠隔地に支店や営業所を持つ企業が全体会議を行う場合、悩みの種となるのがスケジュールの調整です。それぞれが抱える業務の合間を縫って、全員が参加できる日程を組まなければなりません。また、それ以外にも旅費の精算や会場の確保などにも手間がかかります。こうした問題を解決するために、これまでは電話会議やテレビ会議といった、それぞれの時代の最新テクノロジーを利用した遠隔地会議のシステムが開発されてきました。そして現在、その最先端にあると言われているのがWEB会議です。WEB会議は、インターネット回線を利用した会議システムです。通信環境さえ整っていれば国内のどこにいても、場合によっては海外からも参加できます。さらに携帯端末を使えば、移動中の車両内などからの参加も可能です。

WEB会議はパソコンやスマートフォンなどの情報端末をインターネットに接続し、画像や音声などを交換し合って会議を行うシステムです。テレビ会議の延長線上にあるシステムであると言えますが、専用回線を必要としないという特徴があります。そのため、手軽にかつ低コストで利用できるとして人気を集めています。WEB会議は情報端末の他にマイクやウェブカメラがあれば、あとは専門事業者からシステムをレンタルするだけですぐに始められます。マルチ画面にして複数の映像やテキストなどを表示することができるため、パソコンで作成した資料をすぐその場で共有したりすることも可能です。また録音・録画も容易なので、データファイルそのものを会議録として残しておくこともできます。

法律業界にも シンプル化

IT

最近では、弁護士事務所でもシステムソフトが利用されています。システムソフトを活用することで、案件をスムーズにこなす事ができるので、依頼主と弁護士事務所の双方にメリットがあるといえるでしょう。システムソフトは、サポートも充実しているので、利用時に疑問に思ったことはすぐ解決する事ができます。

詳しく見る

弁護士もIT時代の管理

男の人と女の人

弁護士は複数の案件管理を行う必要があります。手帳にスケジュールを書き込み、案件ごとのファイルを常に持ち歩くのが一般的でした。しかし最近では、案件管理もパソコンで行うようになっています。特に法律事務所ではスケジュール管理で重宝しています。

詳しく見る