女性

WEB会議の導入で広がる会議スタイル|場所や時間を問わないIT

弁護士もIT時代の管理

男の人と女の人

弁護士は複数の案件を抱えるのが一般的です。弁護士は案件ごとにケースをまとめて管理していることが多いのですが、主に分厚い手帳を使用しています。しかし最近ではパソコンを利用した案件管理ソフトを利用するケースが増加しています。かつてのように重いカバンや手帳などを持ち運ばずに軽いノートパソコンで法廷に出向く弁護士も増加しています。案件管理に使用する専用ソフトは弁護士の特徴に合わせた形で開発されています。似たような案件の検索機能や六法全書の内容や、顧客への請求などの管理もできるため、外出先でも気軽にビジネスをすることができるのです。そしてこの弁護士案件管理ソフトに恩恵を受けているのは法律事務所になります。

法律事務所では複数の弁護士を扱っています。そして個々の弁護士の管理も重要な仕事になります。しかし弁護士の仕事は外出先などでも修正されることが多く、リアルタイムでの管理が難しい特徴があります。案件管理はスケジュール機能も充実しており、法律事務所に属する各弁護士のスケジュールも一元管理すすることが可能なのです。そしてリアルタイムで管理できるため、弁護士が外出中でも空いている弁護士のスケジュールを管理することができるのです。法律事務所では、弁護士の扱っている案件の請求作業も行います。案件の進捗状況とその請求管理まで行う事ができ、担当の弁護士と情報を共有することができるため、顧客との行き違いの回避もすることができます。